2014年08月20日

難しい

msbar55.JPG
頚椎症やヘルニアの痛み・しびれって傍から見ても分かんないから辛い。無理をすれば日常生活を送ることができるから。そうすると周りから見れば普段と何の違いもないから。自分でもどこまで無理をすれば本当にダメなのか正直分からないところもある。でもそこまで無理すると影響は長期に渡る。

擦過傷などがあれば、「あ〜痛々しい」ってなるんだけど、如何せん周りからは目に見える形ではないので・・・
長時間(といっても数分です)同じ姿勢を取っていると座っていようと立っていようと本当に耐えられない、いやまぁ耐えてるんだけど・・・苦痛を伴う。でもこれが周りには伝わらない。
昨日も仕事で2時間立ちっぱなしの影響は今日一日続いている。
椅子に座ってお得意様と話をしていてもすぐに痛みが気になって話に集中できない。

慢性的に痺れがあるというのは本当に気持ち悪い。
そして痛みも伴っているからタチが悪い。
でもこれを言葉にして痺れがあるんだね、痛いんだね、というのは伝わるけど、程度は伝わらない。

多分伝わっているのは経験者と主治医くらいだろう。

まだ治療は始まったばかりだけど、とにかく一分一秒、一日でも早く痛みだけでも取れて欲しいものです。


ラベル:頚椎症 ヘルニア
posted by maechan at 22:47| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック