2011年06月05日

秋ならぬ春の大運動会

DSC_0652.JPG

 今日は姫の小学校の運動会。最近の小学校は春に運動会をやるのか、それともこの地域だけなのか。体育の日も10月にあり、春よりも秋の方が"スポーツ"のイメージが刷り込まれていた。でも終わってみると、残暑厳しい秋口より、今年はすでに入梅しちゃってるけれど、今頃のほうが日陰などは風が気持ちよくて、多分楽だと思った。

 小学校の運動会は、当然初なんであるが、さすが全てに於いて幼稚園とは違う。規模、迫力、競技・演技の内容等々。

 そうそう、私が子供の頃は全学年が紅白に分かれて競ったものだが、この小学校では1~6年の1組が赤、2組が白・・・というように組対抗戦になっていた。これも地域性が出ているのかな?

 1年生の参加は、全学年での準備運動(嵐のトラブルメーカーでダンスをしていたが、今日準備運動だと知った(^^;;)、1・2年生合同のダンス(Choo Choo TRAIN)、徒競走、玉入れ、リレー(姫は不参加; ̄ロ ̄)!!)。

 午前中に徒競走までがあったのだが、姫参加競技以外は体育館へ撤収(^^;; 校舎への立ち入りは禁止されていたが、体育館は7時から開放されており、結構みんな朝早くから場所取りに来ていた。うちもその家族のひとり(^^;; お陰でなんとか今日一日凌げましたよ。

 姫の出番が来る1つか2つ前のプログラムになると、 グラウンドに出て応援場所を確保。その時は上級生の競技を見ることになるのだが、やっぱ4年生以上は明らかに質が違う!低学年の徒競走なんかは、何かこう、ほんわかしたものがあるけれど、上級生の徒競走は、正に"競技"って感じで見ているこちらも楽しめた。

 さて姫であるが、ダンスは大好きなので本当に楽しそうに踊っていた。そんなに好きならダンススクール通う?っていつも聞くんだけど(浜松には結構ダンススクール多くて、イオンとかで披露してるんだよね)、バレエが良いって言うんだよね。いやバレエは出費が・・・(^^;;

DSC_0661.JPG

 徒競走はと言うと・・・幼稚園の頃から走るのはあまり得意でないようで。足の速さとリズム感は別物なのかな?本人、朝、家を出るとき「駿足(靴ね)履いてるから1位取ってくるね」と出かけていったらしいが。一生懸命頑張っての4位だった(^^;; 結果はともかく頑張ったんだったら、それはヨシとしよう!

 この後、数競技やって12時から体育館でお昼タ~イム♪競技中はまばらだった体育館は一気に人・人・人。密度も急上昇、そして汗まみれ・砂まみれの子供たちがドッと増えたので、なんだかすごい空気になってしまったよ(^^;; 酸素が急に減ったみたいに感じた。姫に現在までの報告をしてもらったけど、本人、ものすごく運動会を楽しんでいるみたい(^^) やっぱ楽しまないとソンだもんね~

DSC_0672.JPG DSC_0677.JPG

 そして昼一発目、玉入れ、これは姫がどうこうというものではないが、結果は3組1位!!2回戦やるんだけど3組は2回戦ともに1位。素晴らしい!!徒競走は3組はどうも振るわなかったけど、いや~良かった良かった。 

 さて、これで姫参加の競技は全て終了。秋よりはラクとは言うものの、初夏の日射しは体力を奪う。王子もまだまだご機嫌ではあったけど、いつ山の天気の如く急変するか分からないので、我々はこれにて撤収。周りを見てると、結構いるね、撤収組み(^^;; 自分の子を見終わったら、そら帰るか。

 16時頃に帰って来た姫は、まだまだやれるみたいで、元気いっぱい、EXILEのダンスを家でも披露してくれるのであった(^^;; 子供たちだけはホントに元気だ。マンションの中庭でも子供たちの声が聞こえ始めたので覗いてみるといるわいるわ、体操服を来たままの子供たちが(笑)

 私はというと昼間はほとんど眠気を感じなかったけど、いざ夜子供の寝かしつけに布団に入ると23時まで起きれなかった。すなわち今日も夜トレ出来ず(ノ_・、)貴重な梅雨の晴れ間を昨日今日と2日も逃してしまった~イカン!イカンよ~体を動かさないと、またまた乗らない体に戻ってしまうよ~

 あ、最後にこういう場には必ず文句を言いたくなる親がいるよねぇ~それは観覧の最前列で脚立に乗っているバカ親。我が子に必死になる気持ちは分かるし、我が子に虐待するような親よりはマシだと思うけど、周りが見えていないバカさ加減はイタすぎますな┐( ̄ヘ ̄)┌ ファインダーを通してより、その目でしっかり我が子の活躍を見てあげるほうが私は大切だと思いますけどね、って写真・ビデオ撮ってる私に言われたくない?

ラベル:小学生 運動会
posted by maechan at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック