2016年09月21日

古事記完全講義

msbar353.JPG

最近ハマっているのが「古事記」
もちろん現代語訳ですよ。そしてその解説本がこちら。
書いている人が竹田さんってことでちょっと偏ったコメントがないこともないですが、古事記の解説としてはとてもわかり易くグイグイ読み進められます。

よく知っているお話の由来なんかを、へぇ〜とかほぇ〜とか思って読み進めています。
知ってました?聖書では神が自分の姿形に似せて人間をお作りになったのですが、日本人はなんかドロドロしたところに神様が生まれて、神様から神様が生まれたり成ったりしてその子孫が日本人なんです。

いや日本人が神の子とか言うつもりはないですよ、面白いなぁということです。

桃には昔から邪気を払うと言われているそうですが、そこから桃太郎の話に繋がったりね。桃太郎の敵、邪の化身鬼の住む場所は鬼門、すなわち丑寅の方角。だから丑のような角を生やしており、寅のパンツを履いていたり(笑)お供したサル、トリ(雉)、イヌは丑寅(鬼門)の反対側の申・酉・戌だとか・・・いや〜面白い!!

ラベル:古事記 読書
posted by maechan at 02:11| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

秋のイベント

この三連休は息子のイベント参加目白押しでした。
イベントと言っても幼稚園の行事です。

まず土曜日。近くの中学校で文化祭が催され、そこにゲストとして息子の幼稚園が招待されて歌ったり踊ったり。高校生以上だったらきっと園児を見ると「かわいい〜」とかザワつくんでしょうけど、中学生くらいだと思っていてもザワつかない(笑)
そういう年頃ですよね、中学生って。

msbar351.jpg

余談ですが、何かのニュースで中高一貫校の子供は荒れないって記事を見ました。何故かと言うと、もう殆ど大人な感覚を持ち大人との距離感が分かっている高校3年生がいるからだそうです。一番多感な年頃の中2、中3のさらに上に高校生がおり、さらにその行動がカッコよく憧れるらしく、そんな高校生のお兄さんお姉さんを見ると自分たちが幼く見えて行動が改まるそうです。
つまり中学校だけだと、中3生は自分が一番えらい(語弊があるかもしれませんが)と勘違いしてしまうんだそうです。そして1番と思いこんでいると比較なんてしませんから、自分のやっていることがカッコいいと勘違いしちゃうんですね。なるほどねぇ〜
でもまぁみんな通過する道ですから、それはそれでいいと思いますよ、他人に迷惑かけなければ。かけたとしても反省さえすれば。一番良くないのは何も感じないことですね。
続きを読む
posted by maechan at 01:37| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児日記 | 更新情報をチェックする